Skip to content(本文へジャンプ)

事務所紹介Introduction

  1. ホーム
  2. 事務所紹介

Law&Accounting

弁護士法人L&AのLはLaw(法律)をAはAccounting(会計)を意味しています。
当事務所は、弁護士と公認会計士の両資格を有した者のみで構成された事務所です。

企業経営を遂行する過程では、法務の問題と財務の問題が頻繁に生じます。
多くの企業では、これらの問題を各々弁護士、公認会計士又は税理士に相談することで対応していると思います。
しかしながら、各々の専門家は、自らの専門知識について見解を述べることしかできません。そのため、会社担当者としては、全体的な意見の取りまとめを行うために、多大な時間と労力を要することになりかねません。

また、一定の分野では、法務と財務双方の知識が同時に求められることがあります。
典型例は、M&Aや企業再生になりますが、それ以外にも多くの企業間訴訟では、財務諸表を用いて損害賠償請求を行うことがあります。
このような分野では、各々の専門家から意見を聴取して取りまとめるという作業を行っても、双方の知識を同時に検討できないため、功を奏しないという結果になりがちです。

これらの問題を解決するためには、法務と財務双方の知識を一人に集中させ、双方の知識を同時に、有機的に検討する必要があります。
このことを可能にすべく設立したのが、弁護士法人L&Aなのです。

私達が選ばれる理由

以下に代表される4つの理由により、当事務所では、一部上場企業を初めとする国内外の多種多様な業種の顧問対応・支援対応を行っております。

選ばれる理由 1弁護士・公認会計士のみで構成された事務所

弁護士であれば無試験で税理士登録をすることができます。
しかし、弁護士であっても公認会計士試験に合格しなければ、公認会計士登録をすることはできません。
我が国に司法試験と公認会計士試験の双方に合格している者は、100名程度存在すると言われています。
当事務所では、これら双方の資格を有する者のみを集結させ、法務財務双方の観点から包括的な知的アドバイスを提供しています。

選ばれる理由 2上場企業の監査経験

当事務所の弁護士・公認会計士は、いずれも公認会計士として上場企業の監査経験を有しています。
そのため、上場企業の財務体制のみならず、上場企業の内部統制や運営方法も熟知しています。
また、IPOについても深い造詣を有しています。
当事務所では、これらの知識経験を活かし、上場企業及びベンチャー企業の支援にあたっています。

選ばれる理由 3クイックレスポンス

企業の経営判断には、常にスピードが要求されます。 法務や財務の問題について、各々の専門家に問い合わせを行い、回答を待っているようでは、せっかくのビジネスチャンスを逃しかねません。
当事務所では、法律相談や契約書の確認などの対応につき、原則として24時間以内に処理するよう心掛けています。

選ばれる理由 4海外案件

ビジネスを拡大する上で、英文契約書を初めとする海外との取引は避けて通ることはできません。
当事務所では、弁護士・公認会計士のみならず、パラリーガルを含めた事務所全体が英語学習を行い、海外案件にスムーズに対応できるよう取り計らっています。
また、パートナーであるVOVAN & ASSOCIES(バンコク法律事務所)などを通じて、東南アジア全域に強力なネットワークを有しています。